ヘルシーコラム

004アルカリ性食品と酸性食品 その1

アルカリ性食品って? ....酸性食品って?....

■よく「アルカリ性食品」とか「酸性食品」とかいう言葉を聞いたり、使ったりします。なんとなく「アルカリ性食品」は善玉で「酸性食品」は悪玉のようなイメージを持っているのではないでしょうか。
「アルカリ性食品を食べると体がアルカリ性になって健康的だ」とか、「酸性食品を食べると体が酸性になって体に良くない」とか…・…

そこで少しご説明したいと思います。
(1) 分析方法
いろいろな方法が有りますが、基本的には次の通りです。

100gの食品を焼き、その灰を取り出します。
この灰にそれぞれ10分の1の規定塩酸と10分の1の水酸化ナトリウムによって中和を試みます。
仮に1mlの塩酸で中和できた場合・・その食品は「アルカリ度…1」
また1mlの水酸化ナトリウムで中和できた場合・・「酸性度・…1」となります。

このような分析をしますので、酸っぱいとか、苦いとかいう「味」の問題とは全く別個のものです。

これらの反応に影響を与えます元素としては・・・
アルカリ度…カルシウム・カリウム・ナトリウム・マグネシウムなど
酸性度…リン・イオウ・塩素など

これらの元素の内、栄養バランスに大きく影響のあるのはカルシウムとリンですので・・・
アルカリ性食品・・カルシウム性食品
酸性食品・・リン性食品

と呼ぶのが誤解の無い正しい名称ではないかと思います。

少し長くなってしまいましたのでこれらの意義については005のヘルシーコラムでご説明いたします。

< 前のページ一覧へ戻る次のページ >


ご注文はこちら

お試しセット

  • カルゲンエース
  • カルゲンミニ
  • りんごカルゲン
  • ダイエットカルゲン